えみぞ、たまにはまじめに語る!(長文だけど読んで♪)

先日本格的始動した「Be Smile Project(http://besmile.org/)」☆
日記にも書いたとーり、葉月先生と本先生と3人で現状把握の為、動き始めたのは1年程前…

当時は、正直戸惑ってました…ボランティアなんて続くのか、何か出来るのか、私なんかが役に立つのか…と

でもとにかく、今取り組もうとしてる事の背景を知ろうと、一緒に施設訪問したり、本を読んだり

その内、色んな賛同者と長崎の情緒障害児短期治療施設、大村椿の森学園に3回、京都の青葉学園に2回訪問させて頂いて…

実は私が、参加を決めるまでに3段階ありました

まず、椿の森の精神科医宮田先生の「ボランティアと言うのは、やりたいときにやればいいと思う。1年後、違うことに興味を持ったらやめればいい。そしたらまた違う団体が引き継いでいけばいいと思う」と言う話を聞いて、続くのかなぁと先を考える前に、今やりたいならやろうと思った事

そして次に、いざやろうと思ったとき、何が出来るんだろうと…
施設の職員の方は、「こうやって皆さんに会うことも、子どもたちにはとっても良いことなんです」と言います
また来るねって言っても、大人にだまされた子どもたちは信用しないみたいちゃんと約束守って会いに来ることが大切らしいです
これならえみぞにも出来るかな〜と思いました

とは言え、実際役に立ってるのか不安…そんな中、長崎訪問3回目の時、、、
実は椿の森には声優志望の女の子がいました初めて会ったとき彼女は目も合わさず、会話にもならない…

声優すき?キライ…
アニメ見る?見ない…

でも2回目の訪問では、彼女の方からえみちゃんって笑顔いっぱいに寄ってきてくれて、漫画で読み合わせしたり、歌ったり。。。めちゃめちゃ明るくなってた

そして3回目の時には、声優について調べたことを沢山質問してきてくれて♪

職員の方の話では、会話も出来なかったのに、凄く変わったと
もしかして私でも少しは役に立ってるのかな〜と思えたと同時に、この活動で初めて喜びを見いだせてた瞬間でした♪

他にも脱走しなくなったり、パニックになる頻度が減ったり、とても嬉しい変化を聞きました(^-^)

職員の方が話してたのはこう言うことなのかも〜

子どもたちの傷は無くならないけど沢山の大人に会うことで薄められるそうです

私はその薄める一滴の水になれたら…そして、出来れば子どものいい変化のきっかけのお手伝いが出来たらなぁと思えるようになりました

そして今日、やっと日記に書けましたw同行させてもらってやっと自分なりの着地点が見つかってwww1年掛かったし〜(汗)

皆さんの中にも、興味はあるけど何したらいいのかなと思ってる人もいるかも…
施設の方はみんなこうも言ってました
「こう言う施設があることを知って欲しいと」

知ることが大切!感じ方考え方が違っても、知ることで社会は確実に変わるんだって!感情の共有☆

これからも自分の出来る範囲で参加していこうと思います♪

最後まで読んでくれてありがとう☆
まじめなえみぞがお送りいたしました!

にしても、えみちゃんって寄ってきてくれた子どもたちの笑顔、キラキラしてすごく輝いてたなぁ〜☆(*^.^*)
そう言えば!
びーすまの連絡が来ないと思ったら、
なんと!
本先生のメールを迷惑メールに入れてたえみぞ(汗)
「本です」って書いてあるから、エロ本と間違えた〜
すまそ( ̄◇ ̄;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA