えみぞ~: 2009年10月アーカイブ

先日ニュースZEROで特集された、漫画家さんが立ち上げたビースマイルプロジェクト!

■NEWS ZERO HP 「特集 ZEROカルチャー」http://www1.ntv.co.jp/zero/culture-movie/



で見られるそうです(*^.^*)えみぞ、映ると思わなかった(汗)

一人でも多くのヒトに、情緒障害児短期治療施設の存在を知ってほしいなぁ〜





と言うのは、先日とある有名な事件の真相を少し聞きました…





様々な"大人の事情"があるのか、ホントに伝え方によって伝わり方、世間の受け止め方が変わるんだなぁって思った…まぁ、よくある話だけど…(-"-;)



もちろん先日聞いた真相が全てじゃないだろうし、当事者でない限り、全ての真実を知ることはできないけどー



でも、それに関しては、「知ってる」ってことがかなり重要だと思った…



もし被害者が知ってたら、その可能性を考えて起こらなかったかもしれない事件…

もし知ってたらそんな弁護しなくて、こんな結末にならなかったかもしれない事件…



やっぱり「知ること」って大切なんだなって。



「知ることによって社会は確実に変わる」

って意味が少しわかったような気がした…





さて、ついでにお知らせwww

三國無双マルチレイドspecial絶賛発売中です♪

あと、CDドラマ 「孤独のグルメ」絶賛発売中♪w主人公の元カノで若手の大女優役〜笑うでしょ〜(笑)

ちなみに主人公は24のジャックバウアーこと、小山力也さんです☆
ジャックバウアーを知っていればwおまけドラマが楽しめるかもw
('-^*)

あとー、今発売中の週刊大衆に、ビースマの記者会見の記事が載ってますw



今流れてるHONDAのインサイトのTV-CM

えみぞはSNOOPYの声をやらせて頂いてるわけだが、このCM、すごくこだわって作ってて、贅沢にも主要キャラが一瞬だけ声を入れている

しかもその割に殆ど聞こえないと言うW



以前、友だちにSNOOPYやって〜と言われてやったら、ビミョな反応が返ってくると日記書きました

SNOOPYは知ってても、声はあまり聞いたことないかららしい〜(^^ゞ



今回は、、、チャーリーブラウン、ルーシー、サリーさんと一緒☆

いつものとーり、順番にブースに入り、一瞬のカットにキャラを出すアドリブを入れていく

言葉でなくアドリブでキャラを出すのは結構難しく…汗(ってか元々SNOOPYは言葉は話せないんだけどw)



そんな中、えみぞの番絵に合わせてインスピで声当ててたら…外から、

「お〜!SNOOPYだぁ!」

って声が聞こえてきた!そうか!ルーシーさんやサリーさんは20年くらい演じてるので、SNOOPYを知ってる方々なのだ☆

なんか嬉しかったなぁ〜w





帰り、ルーシーさんとサリーさんにお茶に誘ってくださって♪違う事務所の先輩のお話が聞けるなんて(〃▽〃)



今度このメンバーで、SNOOPYのDVDやりたいね〜っとか話してましたちなみにSNOOPYはいつも原音で、声を当てたヒトいないらしい(驚)じゃ、無理じゃんw



そんな中、声優業界の厳しい話に…



本来、声優のお仕事と言うのは、外国のドラマやアニメなど、決まった間や演技と言う制約の中で、それに合わせて後から演技を当てる、アフターレコーディング(アテレコ)をする"特殊技能"なんだけど、最近、誰でも声が入ればokみたいな流れがあるって



そしてそれをヨシとする周りの環境や、違いがわからないディレクターも増えたとか…



そしてこの不況で、技術がなくてもギャラが安いヒトを使ったり、或いは、ランクを下げてお仕事したり…それでいてなりたいヒトは沢山いるし(+_+)中には人生の思い出づくりのヒトもいるとか(汗)



仕方がないのは解るけど、このまま行くと近い将来"声優"と言うお仕事は職業として成り立たなくなり、確実になくなるって…難しい問題…(-"-;)



外人とかの息遣いにあわせて、尚且つ演技を自然に合わせる緻密な作業は、日本人の特質にあってるから、かつてのロシアみたいに国が支援してくれたらいいんだけどって…



えみぞ自身はアテレコのお仕事よりはナレーションやCMが多いんだけど、、、でも状況は一緒かも



それでもやっぱり、プロ☆としての技術は身に付ける努力はし続けないとなぁ…



どんなお仕事も今は大変とにかくこだわりを持って頑張ろ☆



そんな、嬉し厳しい1日でした☆



先日本格的始動した「Be Smile Project(http://besmile.org/)」☆

日記にも書いたとーり、葉月先生と本先生と3人で現状把握の為、動き始めたのは1年程前…



当時は、正直戸惑ってました…ボランティアなんて続くのか、何か出来るのか、私なんかが役に立つのか…と



でもとにかく、今取り組もうとしてる事の背景を知ろうと、一緒に施設訪問したり、本を読んだり



その内、色んな賛同者と長崎の情緒障害児短期治療施設、大村椿の森学園に3回、京都の青葉学園に2回訪問させて頂いて…



実は私が、参加を決めるまでに3段階ありました



まず、椿の森の精神科医宮田先生の「ボランティアと言うのは、やりたいときにやればいいと思う。1年後、違うことに興味を持ったらやめればいい。そしたらまた違う団体が引き継いでいけばいいと思う」と言う話を聞いて、続くのかなぁと先を考える前に、今やりたいならやろうと思った事



そして次に、いざやろうと思ったとき、何が出来るんだろうと…

施設の職員の方は、「こうやって皆さんに会うことも、子どもたちにはとっても良いことなんです」と言います

また来るねって言っても、大人にだまされた子どもたちは信用しないみたいちゃんと約束守って会いに来ることが大切らしいです

これならえみぞにも出来るかな〜と思いました



とは言え、実際役に立ってるのか不安…そんな中、長崎訪問3回目の時、、、

実は椿の森には声優志望の女の子がいました初めて会ったとき彼女は目も合わさず、会話にもならない…



声優すき?キライ…

アニメ見る?見ない…



でも2回目の訪問では、彼女の方からえみちゃんって笑顔いっぱいに寄ってきてくれて、漫画で読み合わせしたり、歌ったり。。。めちゃめちゃ明るくなってた



そして3回目の時には、声優について調べたことを沢山質問してきてくれて♪



職員の方の話では、会話も出来なかったのに、凄く変わったと

もしかして私でも少しは役に立ってるのかな〜と思えたと同時に、この活動で初めて喜びを見いだせてた瞬間でした♪



他にも脱走しなくなったり、パニックになる頻度が減ったり、とても嬉しい変化を聞きました(^-^)



職員の方が話してたのはこう言うことなのかも〜



子どもたちの傷は無くならないけど沢山の大人に会うことで薄められるそうです



私はその薄める一滴の水になれたら…そして、出来れば子どものいい変化のきっかけのお手伝いが出来たらなぁと思えるようになりました



そして今日、やっと日記に書けましたw同行させてもらってやっと自分なりの着地点が見つかってwww1年掛かったし〜(汗)



皆さんの中にも、興味はあるけど何したらいいのかなと思ってる人もいるかも…

施設の方はみんなこうも言ってました

「こう言う施設があることを知って欲しいと」



知ることが大切!感じ方考え方が違っても、知ることで社会は確実に変わるんだって!感情の共有☆



これからも自分の出来る範囲で参加していこうと思います♪



最後まで読んでくれてありがとう☆

まじめなえみぞがお送りいたしました!





にしても、えみちゃんって寄ってきてくれた子どもたちの笑顔、キラキラしてすごく輝いてたなぁ〜☆(*^.^*)


そう言えば!
びーすまの連絡が来ないと思ったら、

なんと!
本先生のメールを迷惑メールに入れてたえみぞ(汗)
「本です」って書いてあるから、エロ本と間違えた〜
すまそ( ̄◇ ̄;)

LINEスタンプ

落書きから生まれたえみぞーちゃんLINEスタンプ。是非つこて~  
 

このアーカイブについて

このページには、えみぞ~2009年10月に書いたブログ記事が含まれています。

前のアーカイブはえみぞ~: 2009年8月です。

次のアーカイブはえみぞ~: 2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。