「生存者(サバイバー)」と呼ばれる子供たち

| | コメント(0) | トラックバック(0)



本日、角川書店から、宮田雄吾・著 『「生存者」と呼ばれる子供たち』と言う本が販売されます。



これは、えみぞがお手伝いさせて頂いてるボランティア、ビースマイルが、よく訪問させて頂いている、長崎県の情緒障害児短期治療施設、大村椿の森学園の精神科医の宮田先生が、書かれたものです。



内容も、えみぞがボランティアに携わってから知ったこと…、環境や子供たちの現状、症状がとてもわかりやすくまとまってる感じがします。



ってか、それ以上に、えみぞがいつも一緒に楽しく過ごしてた子供たちの背景には、想像以上に悲惨なものがあるのを知って、かなりせつなくなりました…。

会うときはみんな元気で明るいから…



ビースマイル(なぜかえみぞも少々、汗)のことも触れられてるので、よければ一度手に取って、こう言う現実があることを知ってもらえたらウレシいです♪



紀伊国屋書店とか大きい書店でしか扱ってないかも…これも現実…





写真☆今年の始めに、元大リーガーの大家選手が椿の森の子供たちと、海上自衛隊とで野球大会したときのものだよ〜♪

えみぞ、生まれて初めて野球したよ!子供たちと応援したりキャッチボールしたり♪楽しかったな(^-^)/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「生存者(サバイバー)」と呼ばれる子供たち

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://uwagawa-emi.com/mt4/mt-tb.cgi/395

コメントする

ウェブページ

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 4.23-ja

LINEスタンプ

落書きから生まれたえみぞーちゃんLINEスタンプ。是非つこて~  
 

このブログ記事について

このページは、mtmailが2010年5月10日 16:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「坂本龍馬目線♪」です。

次のブログ記事は「「生存者」と呼ばれる子どもたち〜訂正〜」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。